2013年03月02日

田宮模型の仕事



人に勧められて読んだ本です。
タミヤ社長、田宮俊作氏が如何にしてタミヤを世界的模型メーカーにした功績が詰まった本。
という見方もできますが、それよりも俊作青年自身が如何に模型・戦闘機・車が好きで、探求・探究していったかが書かれた一模型好きな人間の物語といった視点の方が面白いし、そう感じました。

突然ですが、ワタシが高校生の時の話。化学の授業がありましたが、先生はいかにも化学大好き!という様子でニコニコしながら授業を進めるタイプで、それを見てるのが好きでした。
同じく世界史の先生も自分の好きな文化の項目になると心から楽しそうに話していました。
どちらも成績はサッパリでしたけど、好きなことをトコトンやっている先生たちは好きでした。

この本を読んだときにこの二人の先生を思い出しました。同じ印象を持ったのです。
本人が心から好きなことだからトコトン追求するし、こだわるし、ユーザーの気持ちもわかります。自分自身もユーザーだから。

タミヤの商品開発の話しが中心で、戦闘機、戦車の木造モデル、プラモデル。RCカー(ラジコン)、ミニ四駆のそれぞれの車種が登場します。私が小学生のころ、うちにもジープみたいなラジコンがあったし、兄弟がミニ四駆を改造している様子もみていました。読み手の年齢によって重なる時代は異なるけれど関わってる時代があって、やはりそういう部分を読むと嬉しくなります。

サクセスするためのノウハウが詰まった…とか考えるとめんどくさいです。
単純に読むものとして面白かったです(^^)

☆の数は…★★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)
posted by Eri at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

北海道弁の「ライオン・キング」

「なんかちゃんこい子がいるよ」
「はんかくさいこと、言うんでねぇ」
「ここはたいしたあずましくて、いいしょぉー」
「なしたのさー?」
「なんも気にするんでない」

突然ですが、全て北海道弁です。
そして、劇団四季北海道劇場で観た「ライオン・キング」に登場したセリフたちです、笑。

みんながみんなこういう話し方をするわけではなくて、草食系の2人組だけ終始北海道弁で話をしていました。これって各地方で行っているサービスなんでしょうか?なまりもなかなかのネイティブっぷりで観客に大受けでした^^

映画のミュージカルは全国・全世界上映なのでこういうことをするわけにはいかないけれど、地方都市で行う演技は各都市に合った演出ができて面白いものですね。

すでに「ライオン・キング」は観たことがあるという方も、北海道バージョンを楽しみに足を運ばれてはいかがでしょうか?

劇団四季北海道劇場「ライオン・キング」公式サイト

参考までに上記の標準語訳を書いておきます、笑。

「なんかちゃんこい子がいるよ」→「なんだか小さい子がいるよ」
「はんかくさいこと、言うんでねぇ」→「馬鹿なことを言うんじゃない」
「ここはたいしたあずましくて、いいしょぉー」→「ここはとても快適でいいじゃない」
「なしたのさー?」→「どうしたの?」「何かあったの?」
「なんも気にするんでない」→「何も気にすることはないよ」

なんだか、標準語にするとニュアンスが欠けて味気ないですが、訳すとこういうことでしょう。
ちなみに道産子みんながこういう風に話すわけではありません。けっこうみんな標準語に近いですので、誤解なきようお願いします^^
posted by Eri at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

ライオン・キングと北海道四季劇場

2010年末、北海道に12年ぶりとなる劇団四季の専用シアターが完成しました。
『開場記念芸術祭』として「エビータ」「赤毛のアン」の上演が行われましたが、いよいよ2011年3月27日からグランドオープンします。
その演目は『ライオンキング』、北海初上陸作品とのことです。

ディズニー作品がオリジナルとなる『ライオン・キング』のミュージカルを、グランドオープン前のプレビュー公演で見ることができました!ので、簡単に感想をつづりたいと思います。

〜北海道四季劇場〜
場所:札幌市中央区大通東1丁目 
中央バスターミナル隣 道内各地への高速バスの発着地となっているターミナルの横はまさに好立地
地下鉄大通駅からも歩いて5分ほどです。

会場内:
1階席のみ。客席数はさほど多くありません。パンフレットによると、広くしないことでステージと客席との一体感を大切にしているのだとか。その言葉どおり、会場いっぱいを使っての上演でした。

〜『ライオンキング』〜
前から3列目、俳優がスポットライトを浴びてダンスを披露し、そうして光る汗まで見えるほどの間近の席で見ることができました。
ステージ前の左右には打楽器担当者がいて、迫力の音を響かせています。この演奏も間近で見聞きしていました^^

ライオンはもちろん、アフリカに住むゾウやキリン、ハイエナ、ハゲタカ、イノシシ・・・などを人間が演じることが不思議でした。このディズニー映画のミュージカル化の際に、一番こだわった部分なのだとか。東洋の影絵や歌舞伎も参考にしているのだそうですよ。

そうそう、実はわたしミュージカル嫌いでした。ではなぜ行ったのか?仕事関係で招待券を入手できたから。

その割りに、映画のミュージカル作品は案外見てますが。
(『シカゴ』『ムーラン・ルージュ』『マンマ・ミーア!』『オペラ座の怪人』など)
本当に「楽しかった!」と思ったのは、『ヘアスプレー』くらいでした。ジョン・トラボルタが女装して母親役で出演しているというおまけ付、笑。

で、このライオンキングを見てミュージカル嫌いが直ったか?
答えは残念ながら、NOでした。

素晴らしいとは思いました。生の演技に感動しました。
動物たちの衣装や体に施したメイクアップは置いとくと、歌やダンスは見事!
当たり前だけど、声はよく通り劇場内に響き渡る。
ダンスはかっこいいし、細身なのに筋肉で引き締まった体つきの男性達には惚れ惚れしちゃいます(*^^*)

ミュージカルはやっぱり好きではないけれど、一度は体験してみるのも悪くないと思いました。もう「嫌い」とまでは言わないことにします。
今回は、人間が動物の役を演じていることに違和感が消せなかったこともあります。それを違和感なく巧く演出しているのが『ライオンキング』の素晴らしさらしいのですが・・。


この北海道劇場のサイズはミュージカルファンには絶妙な広さだと思います。
どこの席からでもステージ全体を見渡せるし、席数が多くないから後部席でもオペラグラスが必要なんてこともありません。
臨場感のある演技を楽しめることでしょう。

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

劇団四季公式サイト
posted by Eri at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

今日も本の感想文です。
こちらは、本のカテゴリとしては「ビジネス」です。

現在の私の会社でのメイン業務は一言で言うと「ホテル宿泊のWEBセールス」です。WEB商品の企画・開発・宣伝・販売・解析・・となるのでしょうか。文章で書くとかっこよさそうですが、うちの兄曰く「地味な仕事」です。

様々なWEBサイトの担当者と付き合いのある仕事で、その担当さんから仕事に役に立つと勧められたのがこの本です。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

担当さんは「フェルミ推定」がお気に入りで、この部分を押していました。

読み終わった私としては、「地頭力」の考え方の方がお気に入りです。大いに勉強になりましたし、この考え方はすぐにでも何に対しても役立ちます。仕事にも、人とコミュニケーションをとることにも役に立ちます。

この本の趣旨としては、"その「地頭力」を鍛えるために「フェルミ推定」の訓練をしましょう"ということなので、表裏一体の関係になるのかもしれません。

「フェルミ推定」とは何か?
「東京都内に信号機は何基あるか?」「世界中にサッカーボールはいくつあるか?」といった、把握することが難しく、ある意味荒唐無稽とも思える数量について何らかの推定ロジックによって短時間で概数を求める方法。
「原子力の父」として知られるノーベル賞物理学者エンリコ・フェルミが、こうした物理量の推定に長けていたことからこう呼ばれています。
(本から、一部引用)

この本で出題される具体的な問題を出します。
※とにかく3分で答えをだしてください。
 電卓・PCは使用不可。
 一切の参照禁止。

例題:日本全国に電柱は何本あるか?

「えっ、そんなのわかんないよ!」
「見当もつかないわ。。」
「たった3分間でわかるわけない!」
「よし、まずは考える上での始点を考えよう」
「これを知るためには、具体的にこれこれこれの数字がいるから・・・」
「時間が短すぎて、資料を集めることができないよ」
etc...

皆さんはどのような反応をとりましたか?
答えを出しましたか?

もちろん、正確な答えを出すことも大事です。
けれど、ここで問題になっているのは、この一見途方もない問題に対してどのような反応を取ったのか?
問題に立ち向かったならば、どのようなプロセスで回答を出したのか?
時間はどのくらい費やしたのか?

このことが問題になっています。こう言った姿勢が、「地頭力」を鍛えるうえでの姿勢にもつながってくるというのです。
このフェルミ推定をビジネスにどう応用するのかについてもきちんと書かれています。


では「地頭力」とは?
「結論から」「全体から」「単純に」考える三つの思考力のことである。

と言います。では、この3つの思考力とは具体的にどういうことか?それがこの本の中で、図表を使いながら詳しく説明をしています。


私は、この考え方が非常に気に入りましたし、影響を受けました。
先にも書きましたが、人とのコミュニケーション・仕事内容の説明方法・プレゼンの方法・情報社会の中で取捨選択をする方法・・など、様々なことに応用が利く、素晴らしい考え方だと思いました。

仕事ができる人は自然に行っている方法かもしれません。
もしくは、新しいことに対して柔軟が人が行っている方法かもしれません。

小さなことや細かいことが気になって大きな仕事ができない人、仕事が進まない人、人に説明することが苦手な人(私はこれ)などに、お勧めの1冊です。

ビジネスマンには必携書かもしれませんよv

☆の数は…★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

フェルミ推定 他の例題はこちら・・
・シカゴにピアノ調律師は何人いるか?
・世界中で1日に食べられるピザは何枚か?
・琵琶湖の水は「何滴」あるか?
posted by Eri at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

The Guardian (ザ・ガーディアン)

ニコラス・スパークス著の洋書です。
きみに読む物語」「メッセージインアボトル」など映画化もされた本の著者でもあります。

けっこうベタベタな恋愛小説が多いのですが、それが好きでたまに読みます。

内容:
恵まれない家庭環境の中、巡り合えた最愛の夫ジムと田舎町で仲良く暮らしたいたジュリー。しかし、突然の病気でジムを亡くしてしまいます。彼が死んだあとに、あるプレゼントが届きます。それは、ジムからのもので最愛の妻が独りにならないようにと、子犬をプレゼントしたのでした。ジュリーはシンガーと名づけ、1人と1匹の生活が始まります。

ジムの親友マイクの支えもあり、数年後にようやく新しい出会いを探す気持ちが芽生えてきたジュリーは誘われれば男性とデートするようになります。なかなか簡単に言い男性にめぐり逢うことはありませんでしたが、ある日リチャードという都会的な男性に会ったところから、ジュリーの運命が動いていきます。


最初は、いつものようにベタベタ〜な恋愛ものだと思ったのですが、思わぬ展開に手に汗にぎることになりました。正直言って怖かったです。それがまた面白く、最後が気になって次々とページをめくることになりました。

ニコラス・スパークスの小説は大人向けの本ですが、英語が易しくて読みやすいです。英語の勉強に面白くかつ読みやすい洋書を探している人にもお勧めです。

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)
posted by Eri at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

本・パラレルワールド・ラブストーリー

今日も本の感想文です。

東野圭吾さん原作の『パラレルワールド・ラブストーリー』を読んだのですが、あまりの面白さに止まらなくなってしまいました。

たいていの本は物語が展開していくまでの間、つまり面白くなっているまでの前置きのような部分はある意味我慢をして読み進めるものだっていう気持ちで読み始めるのですが、この本はそんな我慢なんていう言葉はいりませんでした。使うならば、どのような終わりを迎えるのかが気になりすぎて、仕事中や睡眠時間は「読むことを我慢」しなければいけない状態に陥りました。

ストーリー:
過去と現在の2部構成になっていて、平行にすなわちパラレルに物語が進んでいきます。主人公の記憶の中には、自分に今の恋人を紹介してくれたはずの親友が自分の恋人と付き合っている光景がいくつも蘇ります。中学校から会社まで同じ、一生涯の親友であるはずの人がなぜ自分の恋人と付き合っているのか。いや、なぜ自分はその親友の恋人だった人と付き合っているのか。そもそも、自分が覚えていることは真実なのか・・。


ある地点まで行くと過去が現在に追いつき、本当の意味で物語が進んでいくのですが、いろいろなピースが同時に展開しそれがつながっていく様子は実に圧巻でこういう構成のお話は映画も小説も大好きなのです。

自分自身がわからないというのは言わば究極のミステリーで面白いのですが、それにしても良くできていました。読者に主人公と同様に、主人公の過去に興味を持たせることがポイントだと思いますが、まんまとはまりました。

東野さんの文章は、本当に不要な部分、親切すぎる説明はなく、けれどほどよくわかりやすとてもシンプルな文章だと思います。余計な部分がないからこそ、自分で考えながら物語に入りこんでいくことができます。素晴らしい作家さんですね。

まだまだ東野圭吾さんの他の小説を読みたいのですが、面白すぎて睡眠不足になり仕事に影響を及ぼしてしまうので我慢しているところです。次は何を紹介できるのかしら♪

☆の数は…★★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

下記をクリックすると他の人たちのカスタマーレビューを読むことができます☆



posted by Eri at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

本・あの頃ぼくらはアホでした

今日はエッセイの感想文です。東野圭吾さんの「あの頃ぼくらはアホでした 」というふざけ・・、面白いタイトルの本を読みました。

最初に私の東野圭吾さんに対する知識をお話いたしますと、ほとんどありません。有名な人気小説家。映画「秘密」「手紙」の原作者(私らしく映画の方が先にきてます)。大好きな福山雅治柴咲コウ主演のドラマ・映画「探偵ガリレオ」の原作者。意外と友達は何人も東野さんの小説を読んでいたり、買ったりしていて周囲にも人気があるとわかったのはガリレオを見たあとです。

こんな私の東野さんに対するイメージは
「こんなに精巧な話を書くくらいだから、とても頭が切れる人なんだろうな」「(ガリレオを読んだあとには)小難しい科学の話が出てきても、???だらけにならずにわかりやすく書かれていて、文才がある人だな」「科学的な話を書くくらいだから理系人間だろうに、文章も書けるとは賢い人なんだな」とまぁ、素晴らしいイメージを抱いていたわけです。

ところがこのエッセイを読んで今まで持っていたイメージが大きく覆されてしまうことになりました。

東野さんの小・中・高・大学と、子供のころから就職するまでについて書かれているエッセイなんですが、なんとも不真面目な子供時代を過ごしていたようです。大きな声では言えないような悪いこともちょこちょこしています。

「勉強ができるのと、頭がいい人とは違うよねぇ」なんて友人と話をすることがありますが、このエッセイだけを読む限りだとこのどちらにも属していないように思われます。

しかも!びっくりしたのは、大人になるまで読書嫌いでほとんど本を読んだことがなかったというのです。それが今では大人気作家とは・・。どこでどう変わったのか知りたいところですが、それは大人になってからのことのようで、第一歩的なことは書かれていましたが、具体的な話はこの本には書かれていませんでした。

ただ、やはり東野さんのすごいところなのでしょう。ともすれば、子供時代のただのアホ話の連発になってしまいそうなところですが、文章が上手なので笑いながら次々と読み続けられます。途中では「ゴジラ」も見たことがない私には興味のない怪獣話が続きうんざりしそうになりますが、そういう箇所も書き方に工夫がなされていて飽きないで読むことができました。

読んでいて思ったのは、子供のころは読書が嫌いだったからこそ、みんなが興味を引くような書き方ができるのではないかということ。それから、やはり物事を見る視点が面白いんだと思います。観察力があり表現力があります。だから映像を容易に思い浮かぶことができる、面白い話を書くことができるのでしょう。

東野さんの多くの知的な作品を読んでからこのエッセイに触れるのが正しい順番のような気がしますが、私は正反対でまずは読みやすそうなタイトルのこの本から読んでしまいました。(敬意を込めて)アホで素敵な東野さんのイメージに書き換えられた今から、たくさんの作品に触れたいと思います。

本当に面白い本です。東野さんのファンもそうではない方も一読をお勧めいたします☆

☆の数は…★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)


posted by Eri at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

本・Bridge to Terabithia (テラビシアにかける橋)

日本では2008年1月に映画が劇場公開されました。私はこの映画は見ていないですしさほど興味もなかったのですが、たまたま街の書店で洋書が安売りされていたから買って読みました。今日は本の感想文です♪

勝手にナルニア国物語のようなファンタジーだと思っていたから、いくら読んでもファンタジー的な内容が出てこないので変な感覚で読むことになりました。

実際は2人の子供の心の交流のお話です。子供らしく2人だけの創造の国を作って、様々なことをして交流を深めていきます。この創造の国のイメージが強くて、勝手にファンタジーだと思いこんでいたのかもしれません。

勝手な思い込みのせいもあってはじめは「ただの子供向けの子供の話」という印象して持っていませんでした。けど、映画化するくらいだし、映画の評判がよかったのことを知っていたので、大人しく読み続けました。すると、あるポイントまで読むとそれまでの物語が強い意味をもつことになります。そして、「ただの子供向けの話」ではないことに気付きました。

主人公が住む街は、アメリカの土田舎のため古い考え方が残る町です。男はこうあるべき、女はこうあるべき、子供は・・、こういう考え方が強くそれと違った人は変わり者というレッテルを貼られてしまいます。宗教に対する考え方も偏りがあるということになります。こういう土田舎を舞台にしていることを知って読むのが、本を理解する上でも大事なことだと思います。

次の本を探してる方、読んでみてはいかがですか?日本語訳も出ています。

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)
posted by Eri at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おまけ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。