2012年02月05日

The Object of My Affection(私の愛情の対象)


北米ではまもなくWanderlustという映画が上映されます。主演は、ジェニファー・アニストンとポール・ラッド。この2人が主演として共演するのは15年ぶり。

その15年前の映画がこの「私の愛情の対象」です。

出演:ジェニファー・アニストン、ポール・ラッド

ストーリー:
ある日、主人公ニーナは失恋で悲しむ同性愛者のジョージと知り合い、意気投合して共同生活を開始。ニーナはジョージに彼氏にはない安らぎを感じ始めます。そんな中、ニーナが妊娠。子供の父親である彼氏ではなくジョージに一緒に子供を育ててほしいと願うようになりますが、そんな中ジョージに新しい出会いが訪れて…。
義姉はニーナに甲斐性ある有名な仕事をする人と結婚してほしいと口うるさく諭します。

自分の価値観で生きていたいニーナの心の揺れ動きが描かれているお話しです。

感想:
面白かったー。アラサー女子(当時はこんな言葉なかったけど)の結婚や将来に揺れる思いが絶妙に描かれています。
15年前というのに、映画の中では同性愛者はそれも一つの愛の形とごく自然に描かれているのがすごい。日本じゃ今でもこうはいかないと思う。で、同性愛者というのが前提のオハナシ。

相手はゲイだから男女の友情と呼ぶにも難しいけど、それもテーマになっているのかなぁ。

なんだかイロイロ考えさせられるお話しです。

映画が終わってから思ったのは、ニーナはお姉さんにいくら言われても自分の価値観を決して曲げずに生きていてエライと思った。世間体とか考えちゃうもの。それがなくて強いと思う。映画の中では、その自分の価値観を認めてくれる人との出会いもあるし。15年前の映画とは思えない。日本てまだまだ個性や価値観を認める社会とは言えないなーっと思いました。

良い映画でしたよ。

さて、この2人が主演するWanderlustも楽しみ♪日本で見られるようになるのはいつになることやらだけど。。

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)


おまけでWanderlustの予告編。音出ます。
もしかして、ジェニファーの恋人のジャスティン・セローってこの裸族の人かなぁ、笑。





posted by Eri at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

Låt den rätte komma in (ぼくのエリ 200歳の少女)


ロマンス・ファンタジーが一般的なくくりのようですが、私にとってはホラーでした。

ストーリー:スウェーデンが舞台です。

いじめられっ子の12歳の少年オスカーの家の隣に、不思議な少女エリが引っ越してきます。時を同じくして、近くで残忍な殺人事件が起きていました。
お互いに孤独なオスカーとエリは少しずつ交流を深めていきます。いつかいじめっ子に仕返しをしたいと考えるオスカーにエリは勇気を与えていきます。オスカーはエリに惹かれていましたが、ある日エリは人の血を飲んで生きていることを知ります・・・。

感想:
映画の紹介を読んで面白そうと思ったのだけど、私には吸血描写の残忍さがダメでした。見ていて気分が悪くなってきました。そのため、根幹のストーリーに集中できず、良さを理解できませんでした。SAWシリーズを「おもしろーい」と見ていた私ですが、ちょっと違うようです。舞台が北欧の冬と薄暗い感じなのがまたリアルさを増して、気持ち悪かったのかも。

描写が気にならない方は、オスカーとエリの交流を興味深く楽しめるらしいです。

私と同じ名前が主人公の映画って珍しいからそれも興味持った理由の一つでしたが、楽しめず残念でした。

☆の数は…★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

「ぼくのエリ 200歳の少女 日本版オフィシャルサイト」

小説が原作です→『モールス』

映画予告編はコチラです。


posted by Eri at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Elizabethtown (エリザベスタウン)

エリザベスタウンは、2005年に劇場公開された映画です。

出演は、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、スーザン・サランドン、アレック・ボールドウィンなどその他。

ストーリー:
オーリー演じる主人公ドリューはエリート街道まっしぐらだったはずが、仕事で大失敗をして会社に10億ドルもの損害を与えてしまい解雇されます。社内にいた恋人にも振られてしまいました。人生のドン底におちてまさにドリューが自殺を図ろうとしたところ、父親の死を知らされます。パニックに陥った母親の代わりにドリューが父親を引き取り、父の願いだった火葬にて弔いを果たそうと、父親の故郷エリザベスタウンへ向かうことになりました。
気分はどん底のままでしたが、行きの飛行機内で出会ったフライトアテンダントのクレアや、エリザベスタウンにいる人たちとの交流の中で彼の気持ちや人生への姿勢が変化していくのでした・・・。


評判が良かった映画だと記憶しています。各地の感想文を読んでもなかなかの評判で、心温まるピュア・ストーリーということだったので見てみました。

が、あまりその真意がわからずに終わってしまいました。キルスティン演じるクレアがなぜそこまでドリューに関わってくるのかがわからなかったので、ストーリーに入り込めなかったのです。父親のことを知っていたからなのかな?それにしても・・・?でした。

映画の中で、ドリューが父親の遺品とともにドライブしながら自分の家に帰っていくシーンが出てきます。背景・状況に合わせて様々なBGMが流れるところなどは、面白いシーンでした。が、アメリカの地理に詳しくないため、途中の街並みを見てもよくわかりませんでした(^^;;)

クレアがしていることがあまりにも出来すぎていたことも、映画に入り込めなくなった理由の一つかもしれないです。

この映画は人との交流によるドリューの気持ちの変化を追っていくことに面白さがあると思うんだけど、なかなか見えてきませんでした。

もしかすると英語字幕で見たのも理由の一つだったのかもしれないです。さほど難しい言葉は出てこなかったから、一般的な意味の解釈には困らなかったけれど、綿密なニュアンスを受け取ることができなかったのかもしれません。今度時間があれば、日本語字幕で見直してみようと思います。

☆の数は…★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://www.imdb.com/title/tt0368709/

posted by Eri at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋画・ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

P.S. I Love You (P.S.アイラブユー)

試写会で見てきました^^

ハンカチは必需品だっ!と思っていたのに持っていくのを忘れてしまいました--;
見たあとの感想はハンカチだけではなくティッシュも必需品です。私の涙腺がおかしくなったんじゃないかっていうくらい、ずっと泣いてました。まず、始まって5分くらいで泣きました(・・、 

知っている方も多いと思いますが、
あらすじは−最愛の夫を突然亡くして悲しみにくれている主人公(ヒラリー・スワンク)のもとに、亡き夫(ジェラルド・バトラー)から手紙が届き始めます。その手紙には最愛の妻に向け様々な仕掛けがされていました。徐々にこの手紙を待ちわびるようになる主人公ですが・・・。
−という話です。

このあらすじを読むだけでも、"泣かせ映画"だなとわかりますね。実際にそうでした。私は泣きすぎなんじゃないかと思いましたが、鼻すすっている人結構いましたよ。夫役のジェラルド・バトラーが面白くてLovelyな人だったのがまた泣かせられることになりました。

こんなにも愛されている主人公はなんて幸せなんだろうと思うと同時に、ここまで愛してくれていた夫を亡くすことはどんなにつらいことなんだろう、と考えちゃいました。それでも、人は立ち止まってはいられなくて、一人でも立ち上がって、歩き始めなくてはいけません。

母親・友人にはキャシー・ベイツ、リサ・クドロー、ジーナ・ガーションなどがキャストされています。それぞれのキャラクターが主人公が立ち上がっていくのにまた重要な役目を果たしています。

とても良い映画でした。ぜひ、皆さんもハンカチとティッシュを両手に映画館へ足をお運びくださいませ☆パートナーがいいらっしゃる方は一緒に見に行くと、お互いの大切さを再度実感できる良い時間になると思います。

☆の数は…★★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

公式サイト
http://www.psiloveyou.jp/

ジェラルド・バトラーはアイルランド人役で出ているんだけど、アイリッシュ訛りと陽気さが良くて、魅力的でした☆ジェラルド本人はアイルランドとスコットランドの間に生まれて、スコットランドで育っているようです。いやぁ、あの訛りにハマりそうです(*^^*)

ジェラルド・バトラーはこちらから↓
http://www.imdb.com/name/nm0124930/

ところで、日本語版主題歌なるものがあり、私の好きな徳永英明さんが歌っています。
タイトルは『小さな祈り〜P.S.アイラヴユー〜』
エンドクレジットでずっと流れていますので、最後まで歌を聴きながら、ゆっくり映画の余韻に浸ってください♪

posted by Eri at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。