2015年05月20日

Run All Night (ラン・オール・ナイト)

私にとって、リーアム・ニーソンと言えば「ラブ・アクチュアリー」のダニエルパパです。
奥さんに先立たれ、奥さんの連れ後のサムくんとの関係を築くため葛藤している様子が愛らしいニーアム。

そのイメージを持ってると、180度違う役柄なのでビックリしちゃいます。
日本では2009年から公開されていたリーアム主演の「96時間」シリーズはアクション全開らしいのですが見てないもので。

ストーリー:
マフィアの殺し屋として生きてきたジミー。あえて家族とも疎遠になっていました。
ある晩、息子マイクが殺されそうになっている場面に遭遇し、やむなくその相手を殺してしまいます。殺した相手は、長年の親友でありマフィアのボスであるショーンの息子でした。偶然にもマイクはショーンの息子が人殺しをする場面を目撃してしまい、口封じのため殺されかけていたのです。
それを知ったショーンは激怒。息子を殺したのが親友のジミーであることに苦悩しつつも許せないため、ジミーと息子マイクの命を狙うことになります。

マフィアのボスショーンを敵にまわしたジミーとマイク親子は、買収された警察や殺し屋、情報操作されたメディアの報道によって一般市民も全員敵になってしまいます。
タイムリミットは夜明け。それまでに逃げ切れば助かるのですが…。

出演:リーアム・ニーソン、エド・ハリス、ジョエル・キナマン、ビンセント・ドノフリオ

感想:
リーアム演じるジミーは、自身が殺し屋であるが故、家族に迷惑をかけないように距離を置いてきました。父の気持ちなんて知る由もない息子のマイクは父を憎んでいます。その父に命を助けられ、共に逃げることになります。父を信頼できない気持ち、憎む気持ちを持ちながらも、少しずつ父の思いに触れ気持ちが変わっていきます。

ジミーとマフィアのボスショーンも長年、人生を共にしてきた親友。そもそもショーンの息子がやんちゃで悪いのだけど、殺し合いをすることになります。そんな男同士の葛藤もあり。

そして、最初から最後までずっとハラハラの本格アクションです。そして、割と容赦ない類のアクションです。やるかやられるかハッキリしていてリアル。ただ、休み所がないので少し疲れます。

本格アクション+人間模様が重なる映画。
単純なアクションに飽きている人には良いと思います。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

「ラン・オール・ナイト」日本語公式サイト
all cinema 「ラン・オール・ナイト」
IMDb "Run All Night"
posted by Eri at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

Killers(キス&キル)


アシュトン・カッチャー(「ベガスの恋に勝つルール」)、キャサリン・ハイグル(「男と女の不都合な真実)」)主演のアクション・ラブコメディです。

ストーリー:
彼氏に振られたばかりのジェンは家族と一緒にフランス旅行中にスペンサーという素敵な男性と運命的な出会いをし、ハンサムでスマートな彼と結婚します。優しい彼と幸せな結婚生活を過ごしていましたが、実はスペンサーは元スパイ。ジェンと出会い普通の生活を送るために足を洗ったはずの彼の命を狙う人たちが次々と現れて・・・。誰を信じればいいのか?

感想:
案外面白かったです。ラブコメディかなと思ってましたが、けっこう本格的なアクションシーンが繰り広げられます。世間知らずで抜けてるジェンが命を狙われるスペンサーと一緒に戦ううちに図太くなっていく姿は圧巻。娯楽映画としては面白いです。

ところで、海外ドラマ『フレンズ』好きの私のしてはモニカが大失恋した相手であるリチャード役のトム・セレックが出ていてちょっと嬉しかった。相変わらずおひげがステキでした、笑。

元スパイでいまだに腕は衰えず・・だけど愛する人のために生まれ変わる。っていう流れは完全に女子向けの映画でしたね。私は好きでした。

コメディの要素もあったので娯楽映画として楽しむのにも良いと思います。


☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

『キス&キル』公式サイトはコチラから

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)を見る→『Killers』
レイティング:4.8/10 低めですね。わかる気はしますが、苦笑。
posted by Eri at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

AVATAR (アバター)

 タイタニックの監督ジェームズ・キャメロンの最新作、アバターを映画館で見てきました。

ストーリー:
海兵隊員だった主人公は任務中に銃に撃たれて両足の感覚を失います。
人生の目的を失いかけているところに、急きょ新たな任務を負います。

法外な価値のある宝石の岩石発掘のために惑星パンドラに行くこと。その石は現地人ナヴィが住む森の中枢にあるため、ナヴィが邪魔なわけです。そこで非協力的な現地人ナヴィと交流し、いかにして岩石採掘に取り掛かれるかを探る任務が課せられました。

そのために開発されたナヴィと地球人のDNAから作られた体アバターとリンクして、アバターの姿で行動することになります。そうして、ナヴィが住む森と入り込み交流をしていくことになりました。


感想:
映像美はメディアで伝えられるそのまま素晴らしいものでした。ナヴィが住む森はきれいだし。光の使われ方もきれいでした。

3時間という長さは感じられない程度には楽しみました。
けど、事前にパンフレットで大まかなストーリーを読んでしまっていたせいで、あまり物語に感情移入することはできず冷静に見てしまってました。

なんとなく話の展開がもののけ姫みたいだなぁと思ってました。


一緒に行った友達は大絶賛。映画館では短い映画でも必ず一度はトイレに席を立つ友達が目を離すヒマがないほどだ、とはまっていました。

私の「もののけ姫だなぁ」の感想に対しては「そおかな?」と一蹴されました。。

友達映画に対する事前の知識なしで行ったのがよかったようで、映画に感情移入しまくりで3時間見入っていたようでした。

あんまり何も考えずにその映画の世界を楽しめる方にはオススメです。
ちなみに友達はトワイライト〜初恋〜もヨカッタと絶賛していました。


こんな感じで、映画を見るかの参考にしてくださいませ。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)
→1月9日現在 10点中「8.7点」です。

映画「アバター」公式サイト
→音が出ます。公開中は、お近くの劇場探しもできます。

ジェームズ・キャメロン監督の他の映画はこちらです。
ターミネーター
エイリアン2
アビス

posted by Eri at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

Sin City (シンシティ)

日本では、2005年10月に公開された作品です。

監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス
ゲスト監督に、クエンティン・タランティーノ

この監督を見ると、映画の雰囲気が容易に想像できそうですね。無法地帯と化し、暴力と性に満ちた街を舞台にした、複数のストーリーが絡んでいる話です。

出演:ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィルス、ジェシカ・アルバ、マイケル・クラーク・ダンカン、クライブ・オーウェン、イライジャ・ウッド・・・
書ききれないですが、そうそうたるメンバーが出演しています。

個人的に無秩序な世界って駄目なんです。この映画はちょっと苦手な世界観でした。映像はずっとくら〜いです。

本当に秩序のない世界でも一応警察とか、正義をつかさどる人がいるんだけれど、そうじゃない人もたくさんいて・・その中で自分が信じる道を生きている人たちがいます。

私にはこの映画が言おうとしていることがわからなかったですが、映画を分析しながら見るのが好きな人、タランティーノ、ロドリゲス映画が好きな人は面白く見られるのかもしれないですね。一般向きの映画ではなかったです。

☆の数は…★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://www.imdb.com/title/tt0401792/
posted by Eri at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

EAGLE EYE (イーグル・アイ)

9月に映画館へ行くと、一つの映画につき3回くらいイーグル・アイのCMが流れていました。宣伝費ものすごいですよ。それだけ力が入った作品ってことですよね。しつこいなぁとは思いつつも興味を持っていました。


全人類に警告


誰も逃れられない


それは、全てを見ている


これが謳い文句。ある日突然、見知らぬ女の声の電話がかかってくる。指示通りに動かなければ、警察に捕まってしまう。息子が殺されてしまう・・・。どこにいても、女の声から逃れられない。自分はこの先どうなっていくのか。

展開が早く、ハリウッドの雰囲気ムンムンでした。スピーディに物語が進んでいくので、ぼーっと見ている暇はありません。2時間10分の映画でしたが、あっという間に終わりました。ハイ・テクノロジー社会の懸念を描いた映画です。

突っ込みどころはありましたが、アイディアは面白いし、楽しく見ました♪カーチェイスのシーンはなかなか見ものでしたよv 

ハリウッド映画が好きな方は楽しめると思います。気になっている方はどうぞ☆

出演はシャイア・ラブーフ(ディスタービア、トランスフォーマーズ)
ミシェル・モナハン(MI3)
ビリー・ボブ・ソーントン(プライド栄光への絆、バンディッツ)

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

公式サイト(音が出ます)
http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/ 
IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://www.imdb.com/title/tt1059786/

ところで、映画館へは一人で行くことが多い私。映画始まっちゃえばどうせ会話しないし、おひとり様も楽チンでいいのです。けど、人と見に行くのっていいですね。特に、イーグル・アイは後で友達とあれこれ話し合うのが楽しい映画でした。
posted by Eri at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

Hancock (ハンコック)

最近劇場に足を運んでいなかったため、映画見たい病勃発。けれど、「すごく面白そう!」と思える映画はないまま、期待せずに選んで見に行ったら意外とよかった映画です☆私は好きな映画でした^^

予告でわかっていたことは、人助けをしてるから感謝されることをしているはずなのに、社会に嫌われ迷惑がられているスーパーヒーローの話ってことだけでした。

有り余る力のため、人助けのときに周りの道路やビルを破壊するから被害がすごい!人助けするたびに、ニュースではハンコックが犯した被害額を報じられ、もう止めてくれと言われるしまつ。ちょっとしたアル中でいつでもお酒くさい。誰にでも毒づきまくり。小さな子供にまで「このクズ (Asshole)!」と呼ばれるほど。

そんなヒーロー・ハンコック(ウィル・スミス)の話。ヒーローだから必ずしも好かれるとは限らないという面白い発想の映画だなぁと思っていたけれど、それからどう展開されるんだろう?とちょっと期待のワクワクと、がっかりがなければいいなというドキドキで見ました。

ある日命を救った一人の男(ジェイソン・ベイトマン)はPRのプロ。嫌われ者のハンコックだけど、命の恩人であるハンコックはいい人に違いない。みんなに好かれるヒーローになれるはずだ!ハンコックを変えるんだ!と作戦を練り、ハンコックに語りかけ始めます。
天涯孤独のハンコックは自分を「いい人だ」と信じてくれることをうれしく思い、心を改め人に迷惑をかけないヒーローになるべくして彼の話に耳を傾けます。

果たしてハンコックは人に愛されるスーパーヒーローになれるのか?!あの我慢弱いハンコックが素直に言うことを聞くのか!?

って、それだけじゃとてもじゃないけど90分も映画は持たないよなぁ。このあとどうなるんだろう?と思っていると、ちゃんと別な方向へ話が展開してくれました。

先が読みづらい展開だったから、どうなるんだろう?どうやって終わるんだろう?とわくわくしながら、楽しく見てました。

ありきたりのことかもしれないけど、映画のテーマは一貫して「世界を平和な世の中に変えたい」ということ。映画自体はあっさりしているけど、このテーマを訴え続けていることがなんだか嬉しく思えて、気持ちよく映画館を後にしたのです。

いいお話でした。

複雑な映画を求めてみると、物足りないかも。けど、ウィル・スミス好きで、楽しい時間を過ごしたいっていう人にはお勧めです☆

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

ところで、ウィル・スミスってきれいな英語話しますね。黒人さんの英語って苦手なんだけど、ウィルの発音は聞きやすかったのでした。

そして、久しぶりに戸田奈津子さんの字幕でした。
posted by Eri at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

JUMPER (ジャンパー)

ピョンッ と世界中を瞬間移動できる主人公(ヘイドン・クリステンセン)の話。瞬間移動できる力をひたすら謳歌している主人公の話。

これが映画を観る前の予備知識。
そして観終わった後の説明も、やっぱり同じです。そのまんまのお話でしたw

何かで読んで想像していた話とは全然違っていた。より単純だったというか若干「それだけ!?」って思っちゃったところがアリマシタ^^;

ただ、世界を移動する主人公と一緒に、世界旅行(というより観察?)している気分になれたのが楽しかったです♪

「あれはどうなったの?」「それって犯罪では・・・」「それはやりすぎでは!?」って思う点が多々ありましたが、難しいこと余計なことを考えなければさらっと見て楽しめる88分でした。

ところで、悪い役で出ていた、サミュエル・L・ジャクソンの白髪が変に浮いていてヅラではないかと気になって仕方がなかったです。

そうそう、東京もちょっとした舞台で出てきました。洋画に日本のシーンが出てくるとなんだか嬉しくなってしまう自分が悔しいような、なんとういうか、やっぱりうれしいような。。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

http://movies.foxjapan.com/jumper/(音が出ます)
http://www.imdb.com/title/tt0489099/
posted by Eri at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

4: Rise of the Silver Surfer (ファンタスティック・フォー:銀河の危機)

日記UP日は2009年1月11日です。
私のもうひとつのブログ「幸せになりたい!!」に書いたものを、手直しして載せています。
「幸せになりたい!!」
http://kouhukuron.seesaa.net/article/53206836.html

ココから−−−
主演:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス

全作の『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] (Fantastic Four)』は見てませんでした。けど、楽しめました。面白かったです。

能力などいろいろなところを見ていて『Mr.インクレディブル(原題:The Incredibles)』を思い出してました。この『ファンタスティック・フォー』はアメコミだし、真似とかじゃないと思うけど、こういうスーパーヒーローものはアメリカ人が好きそうなことなのかもしれないですね。

『トランスフォーマー』もちらっと思い出しながら見てました。私は、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機(原題:Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer)』の方が好きです。面白かったです☆ より話の設定にムリがないというか。いいや、あんな能力がある時点で本当じゃないんだけど。よりこの話に入り込んで楽しむことができました。ヒーロー物で安心して楽しめ、1時間半程度と短かったからスカッと気持ちよく見ることができました。アクション物はあまり見ない私だけど、もっと見てもいいと思わせられました。

私はきっと『トランスフォーマー』に関しては、あの主人公が好きになれなかったから、物語に入り込めず、思ったほど楽しめなかったんだと思います。

これは、続編ができても良い感じです。全作『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 』もDVDで借りて見ようと思いました^^ 

ココまで−−−

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://us.imdb.com/title/tt0405422/
posted by Eri at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

Spider-Man 3 (スパイダーマン 3)

日記UP日は2009年1月11日です。
私のもうひとつのブログ「幸せになりたい!!」で書いた内容を手直しして、こちらに転記しています。
「幸せになりたい!!」
http://kouhukuron.seesaa.net/article/41740984.html

ココから−−−
監督:サム・ライミ
主演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト

英語がとてもわかりやすくて◎ですね。しかも、お子様も見られるようにでしょうか、Swear-wordsは出てきません。

若者が悪い奴と戦っているんだから出てきてもよさそうなものですが、子供と英語学習者に優しい映画でした(笑)。ピーター(Tobey Maguire)もハリー(James Franco)も優等生な役柄っていうこともあるかもしれませんね。

この3を見るときは是非1・2を見てからがいいですね。今までの話を発展させた内容になっています。なので、前作までの知識がないと理解できない話が多くでてきます。

シリーズものは、回を重ねる毎につまらなくなることが多いですが、Spider-Man3はそんなことはなかったです。1にも2にも負けていません。2時間20分と若干長めだけど、その長さを感じさせません。最近見た"Babel"もほぼ同じ2時間23分間の映画でしたが、こちらに比べたら見やすく面白かったためあっという間に時間が過ぎていました。

とても人間くさいスーパーヒーロー、ピーター・パーカーを見ることができる、面白い映画でした。アクションシーンはスピード感が良いです。ちょっとでも興味があるならば見て損はないと思いますv

英語に関してもう少し話すと、ピーターとハリーのやりとり・ピーターとMJのやりとりの部分の英語も難しいことは言っていないので、覚えて私たちでもすぐに使えそうな表現ばかりでした。

また、パーカーのメイおばさん(Rosemary Harris)は相変わらずいいことを言っています。亀の甲より、年の功です。英語もやっぱりわかりやすいし、日本語字幕と英語で言っている台詞とをチェックしていただきたいですね。

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://us.imdb.com/title/tt0413300/
posted by Eri at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

Collateral (コラテラル)

日記UP日は2009年1月11日です。
以前に私のもうひとつのブログ「幸せになりたい!!」で書いた内容を手直しして、載せています。
「幸せになりたい!!」
http://kouhukuron.seesaa.net/article/738522.html

ココから−−−
監督:マイケル・マン
主演:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス

なんでも、トムは悪役初挑戦だとか。ほんとかな?? "INTERVIEW WITH THE VAMPIRE(インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア)"は??アタシには、殺し屋のトムよりもタクシードライバーの JAMIE FOXX(ジェイミー・フォックス)の方が主演のように見えたました。最後にはジェイミーの方がかっこよく見えてきました(*^^*)

ところで Collateral(コラテラル) ってどういう意味だろう??
"collateral"とは間違った時に、間違った場所に偶然居合わせてしまうこと=巻きぞえって言う意味なんだって。ジェイミー演じるタクシードライバーのことですね。

さてこの映画の感想は、「無関心過ぎる世の中に唾を吐いている」って感じかな。意味わかんないですかね--;;大都会だと人がひとりくらい死んでも誰も動じもしない。そんな世間に対する悲しみを感じました。トム演じるヴィンセントの話は極端すぎるけれど(T_T;)この映画の特性上あまりストーリーに関する話ができないのです。

昔、第二次大戦時にアウシュビッツのなんとかさんがこう言ったそうです。
「百人の死は悲劇だが、百万人の死は統計上の数字でしかない」
なぜか、この映画を見ているときに思い出した言葉でした。

昔近所に居たようなおせっかいおばさん、近所の子供を怒ってくれる怖いおじさんが復活すれば犯罪って減るんだろうなぁ。けど、むしろますます他人に無関心になっていく雰囲気ですね。悲しいです。

まとめると、本日の映画はわははーっていう面白映画ではなかったです。大お勧め!ではないですね。興味ある方は見ると良いと思います。激しいアクション、サスペンスでもなくジャンルがよくわからずつかみ所がなかったのかな。そういう、ちょっと一ひねりしたものを見たい方には良いかもです。ただし、期待はせずに軽い気持ちで見ることをお勧めします。

タクシードライバーが出てくる映画を見るといつも思い出すのは
"The Bone Collector(ボーン・コレクター)"。これを見てから少しタクシーに乗るのが怖かった。この映画で言うとお客さんの方がcollateral なのかしらね??

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://us.imdb.com/title/tt0369339/
posted by Eri at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

Transformers (トランスフォーマー)

2009年1月11日にUPしています。もともともう一つのブログ「幸せになりたい!!」に書いた内容を直して載せています。
http://kouhukuron.seesaa.net/article/49169065.html

ココから−−−
監督:マイケル・ベイ
主演:シャイア・ラブーフ、メーガン・フォックス

試写会で見てきました。2007年8月4日に、全国公開が始まります。

私は知らなかったんですが、20年くらい前に放送していた日本のアニメがオリジナルだそうですね。その前進のようなロボットのおもちゃはうちにありました(ライタンて知ってますか?)。さらにその後、北米でもリメイクされて放送されていたようです。
→IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://www.imdb.com/title/tt0086817/

タイトル「トランスフォーマー」の動詞形、
"transform"=変形[変換]する、 〔〜の外形を〕変形する 
という意味。
スペースアルクより http://www.alc.co.jp/index.html

この意味の通りですよね。主に車たちが形を変えてヒト型ロボットになって、活躍したり大暴れしたりします。

制作総指揮はスティーブン・スピルバーグ、監督は『アルマゲドン』のマイケル・ベイ。全米では『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を抜く、初日の興行収入を得たそうです。ってここまで聞くと面白そうですか?

実はあんまり興味ありませんでした。要はロボットものでしょう、って。

そして実際に見た感想は、やっぱりイマイチでした。つまらない、とまでは言いませんが。

CGは確かに豪華でした。トラックやスポーツカー・バスなんかがロボットに変形する様子は見ていて面白かったです。
ただ、ストーリーが子供向けだなぁと思いました。男の人のファンタジーなのかもしれないですね、こういうの。否定しているわけではないので誤解のないようにお願いします。

平凡な男の子がなぜか世界平和のために重大なものを守ることになり、憧れていた女の子と一緒に行動を共にするようになり・・。戦隊ものとかにありそうな設定でした。

それから、主人公強すぎ!と思ってしまいました。主人公の男の子はあくまで人間なわけで、吹っ飛ばされたり、落ちたりしたらやっぱり痛くて苦しいと思うんだけど、それでも立ち上がるんですよね。最初は情けない感じの主人公が、様々な事件の中で自信をつけていくのかもしれないです。

小さい頃は戦隊ものを楽しく見ていたはずなのに、素直に見られなくなってしまった自分が悲しくなりながら、やはりこの映画をあまり楽しめずにいました。

こういうことをふまえて、すごい迫力のCGが見たい!ロボットもの、機械ものが好き。映画なんだから、多少現実離れしていて当たり前、そんなの気にならないわ、という方は大丈夫だと思います。

素直に楽しんで見て欲しいと思います。

☆の数は…★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(映画データベースサイト・英語)
http://us.imdb.com/title/tt0418279/

公式ウェブサイト
http://www.transformers-movie.jp/top.html
posted by Eri at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。