2010年03月13日

いまさら自己紹介

映画に特化したブログをオープンしてから1年以上たっているのに、日記上で自己紹介をしていないことに気づきました。

今更ですが、自己紹介させていただきます。

北海道札幌市在住の20代後半のOLです。

趣味:映画観賞・音楽鑑賞・読書・ドライブ・星空観賞・友達と集っておしゃべりすること

好きな映画のジャンル:
サスペンス・ラブコメディ・コメディ・ドキュメンタリー・社会派・ヒューマンドラマ・伝記的映画・歴史もの

好きな音楽のジャンル:
ヒップホップ(らしいということが最近発覚)・北米Pops・J-Pops・激しくないロック

好きな本・好きな著者・好きな本のジャンル:
推理小説・社会派小説・恋愛小説・エッセイ・ビジネス・心理学的なもの

一応あげると上記になると思うけど実は一番困る質問です。基本的にはそのときに興味を持ったものを適当に読んでいます。

東野圭吾さんの文章は無駄がなくて好きです。
Nicolas Sparks は、まんまと泣かされながら読みます。彼の本は「きみに読む物語」「メッセージ・イン・ア・ボトル」など映画化もされていますね。
ハリー・ポッターもまんまと好きです。映画よりも原書を読んではまりました。

目標:
映画を年100本以上見ること。
月に8.5本以上見る計算です。が、なかなか達成できず。。きっとこの半分もいかないくらいです。

私について:
昔から英語・英会話を勉強しています。物心をついたころに中学生までのJr.英会話教室へ行き始めました。「なんで始めたの?」がわからないくらい小さい頃でした。

社会人になってから再び真剣に英語に取り組み始め、カナダにワーキングホリデーと観光ビザを使って1年数か月滞在もしました。おかげで英検準1級、TOEIC935点を取得できるレベルまで来ました(2010年3月現在)。試験はあくまで指標だけど、リスニングはほぼ満点だし、ネイティブと多少の会話は困らないくらい話すこともできます。昨年末には英語を教えるという経験もしました。

さて、映画と英語が私の大きな部分を占めているという説明でした。
日記の中では英語に関連することも時々話します。英語ができる人、という点を心の隅に留めながら読んでいただければと思います。

さらに、英語ができるからこそ日本で未公開映画をDVD(英語)で見てここでお話しする、ということもすると思います。英語をやっててヨカッタ♪と思う瞬間です。

映画は好きだけど専門的知識はありません。
「このアングルの撮影方法がまたいいんだよねぇ」とか
「この時のシーンの切り替えがたまらないのよ」といった、感想はほとんどでてきません。

映画に関しては、ただ観ることが好きな一市民として個人的な感想を述べるだけです。ということをどうぞご了承くださいませ。

では、これからも札幌の映画好き市民がきままに書く感想日記をお楽しみください。
posted by Eri at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。