2015年05月20日

Run All Night (ラン・オール・ナイト)

私にとって、リーアム・ニーソンと言えば「ラブ・アクチュアリー」のダニエルパパです。
奥さんに先立たれ、奥さんの連れ後のサムくんとの関係を築くため葛藤している様子が愛らしいニーアム。

そのイメージを持ってると、180度違う役柄なのでビックリしちゃいます。
日本では2009年から公開されていたリーアム主演の「96時間」シリーズはアクション全開らしいのですが見てないもので。

ストーリー:
マフィアの殺し屋として生きてきたジミー。あえて家族とも疎遠になっていました。
ある晩、息子マイクが殺されそうになっている場面に遭遇し、やむなくその相手を殺してしまいます。殺した相手は、長年の親友でありマフィアのボスであるショーンの息子でした。偶然にもマイクはショーンの息子が人殺しをする場面を目撃してしまい、口封じのため殺されかけていたのです。
それを知ったショーンは激怒。息子を殺したのが親友のジミーであることに苦悩しつつも許せないため、ジミーと息子マイクの命を狙うことになります。

マフィアのボスショーンを敵にまわしたジミーとマイク親子は、買収された警察や殺し屋、情報操作されたメディアの報道によって一般市民も全員敵になってしまいます。
タイムリミットは夜明け。それまでに逃げ切れば助かるのですが…。

出演:リーアム・ニーソン、エド・ハリス、ジョエル・キナマン、ビンセント・ドノフリオ

感想:
リーアム演じるジミーは、自身が殺し屋であるが故、家族に迷惑をかけないように距離を置いてきました。父の気持ちなんて知る由もない息子のマイクは父を憎んでいます。その父に命を助けられ、共に逃げることになります。父を信頼できない気持ち、憎む気持ちを持ちながらも、少しずつ父の思いに触れ気持ちが変わっていきます。

ジミーとマフィアのボスショーンも長年、人生を共にしてきた親友。そもそもショーンの息子がやんちゃで悪いのだけど、殺し合いをすることになります。そんな男同士の葛藤もあり。

そして、最初から最後までずっとハラハラの本格アクションです。そして、割と容赦ない類のアクションです。やるかやられるかハッキリしていてリアル。ただ、休み所がないので少し疲れます。

本格アクション+人間模様が重なる映画。
単純なアクションに飽きている人には良いと思います。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

「ラン・オール・ナイト」日本語公式サイト
all cinema 「ラン・オール・ナイト」
IMDb "Run All Night"
posted by Eri at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。