2015年04月13日

American Sniper(アメリカン・スナイパー)

ストーリー:
米海軍のエリート部隊ネイビー・シールズの兵士としてイラク戦線で活躍した伝説の狙撃手クリス・カイルが、自身の経験を記録した書籍が元になっている映画です。
アメリカを守るため、仲間を守るためと信じて4度出征し、その正確な腕前で160人以上を射殺。仲間からは「伝説」、敵からは「悪魔」と呼ばれます。とうとう戦争を離れ、愛する家族がいる故郷とアメリカでの生活に戻りますが、心は戦争に置き去りになったまま。戦争時の苦悩や葛藤、愛する家族との生活と仲間を守らなくてはという使命感との間に苛まされる心の動きを描いています。

キャスト:
監督:クリント・イースドウッド
脚本:ジェイソン・ホール
原作:クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊)、スコット・マキューアン、
ジム・デフェリス
製作陣の中には、クリント・イーストウッドや主演のブラッドリー・クーパーの名前があります。
出演:ブラッドリー・クーパーシエナ・ミラー

感想:
私の前情報は、「実話を元にした話」「ブラッドリー・クーパーたっての希望で映画化した」「ブラッドリー・クーパーが役作りのために体作りをした」「クリント・イーストウッド監督作品」などなど。これで興味を持っていました。

ブラッドリー・クーパーは最近お気に入りの役者さん。とにかくカッコイイ!噂に聞いていた鍛え上げが肉体と変わらぬキュートな笑顔がステキでした☆

クリント・イーストウッドが監督する作品で駄作はないというイメージを私は持っています。
ただ裏情報では、最初から製作に加わっていたわけではなく、脚本ができてからクリント・イーストウッドに打診したそうです。そういうパターンもあるのですね。

肝心のストーリーですが、私個人的には、「メッセージ性は強いけど、押しつけではなく、事実を写実するので、それぞれの感じ方におまかせします」という映画に思えました。

米国では賛否両論、映画関係者もコメントを出していて物議を醸していた様子。英雄的に描き過ぎている、戦争の狙撃手を美化していると捉えている人も多いようです。でも、私にはそうは思えませんでした。静かにただクリス・カイルから見た事実を描いているに過ぎないと思いました。静かな映画ですが、心の動きをきちんと映し出しているように感じました。

イラク戦争時の話ですが、戦争が始まる際の米国の雰囲気を忘れてはいけません。アメリカがでっち上げた「イラクが大量破壊兵器を所持」という話を信じさせられ、否定する報道をすれば非国民と言われるような風潮が確かにあったようです。(マイケル・ムーアの映画を読む限りなのですが。マイケル・ムーアにも賛否両論ありますよね。)
この映画の主人公、クリス・カイルもその風潮の中で、アメリカを守りたい一心で戦場に赴いたんだと思いました。

感想はそれぞれだと思いますので、ぜひ多くの人に見てほしい映画だと思いました。

☆の数は…★★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

「アメリカン・スナイパー」日本語公式サイト
all cinema
IMDb
Amazon.co.jpで「原作」をチェックする
レビューを読むと、「原作の方がよりクリス・カイルさんの心の動きをより鮮明に描写している」「映画はフィクションで、真実に近いのは原作だ」などと書かれています。この映画で興味を持った方は読んでみてもよいのでは?
私も読みたいと思っています。


posted by Eri at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。