2010年11月28日

Killers(キス&キル)


アシュトン・カッチャー(「ベガスの恋に勝つルール」)、キャサリン・ハイグル(「男と女の不都合な真実)」)主演のアクション・ラブコメディです。

ストーリー:
彼氏に振られたばかりのジェンは家族と一緒にフランス旅行中にスペンサーという素敵な男性と運命的な出会いをし、ハンサムでスマートな彼と結婚します。優しい彼と幸せな結婚生活を過ごしていましたが、実はスペンサーは元スパイ。ジェンと出会い普通の生活を送るために足を洗ったはずの彼の命を狙う人たちが次々と現れて・・・。誰を信じればいいのか?

感想:
案外面白かったです。ラブコメディかなと思ってましたが、けっこう本格的なアクションシーンが繰り広げられます。世間知らずで抜けてるジェンが命を狙われるスペンサーと一緒に戦ううちに図太くなっていく姿は圧巻。娯楽映画としては面白いです。

ところで、海外ドラマ『フレンズ』好きの私のしてはモニカが大失恋した相手であるリチャード役のトム・セレックが出ていてちょっと嬉しかった。相変わらずおひげがステキでした、笑。

元スパイでいまだに腕は衰えず・・だけど愛する人のために生まれ変わる。っていう流れは完全に女子向けの映画でしたね。私は好きでした。

コメディの要素もあったので娯楽映画として楽しむのにも良いと思います。


☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

『キス&キル』公式サイトはコチラから

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)を見る→『Killers』
レイティング:4.8/10 低めですね。わかる気はしますが、苦笑。
posted by Eri at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。