2010年01月10日

AVATAR (アバター)

 タイタニックの監督ジェームズ・キャメロンの最新作、アバターを映画館で見てきました。

ストーリー:
海兵隊員だった主人公は任務中に銃に撃たれて両足の感覚を失います。
人生の目的を失いかけているところに、急きょ新たな任務を負います。

法外な価値のある宝石の岩石発掘のために惑星パンドラに行くこと。その石は現地人ナヴィが住む森の中枢にあるため、ナヴィが邪魔なわけです。そこで非協力的な現地人ナヴィと交流し、いかにして岩石採掘に取り掛かれるかを探る任務が課せられました。

そのために開発されたナヴィと地球人のDNAから作られた体アバターとリンクして、アバターの姿で行動することになります。そうして、ナヴィが住む森と入り込み交流をしていくことになりました。


感想:
映像美はメディアで伝えられるそのまま素晴らしいものでした。ナヴィが住む森はきれいだし。光の使われ方もきれいでした。

3時間という長さは感じられない程度には楽しみました。
けど、事前にパンフレットで大まかなストーリーを読んでしまっていたせいで、あまり物語に感情移入することはできず冷静に見てしまってました。

なんとなく話の展開がもののけ姫みたいだなぁと思ってました。


一緒に行った友達は大絶賛。映画館では短い映画でも必ず一度はトイレに席を立つ友達が目を離すヒマがないほどだ、とはまっていました。

私の「もののけ姫だなぁ」の感想に対しては「そおかな?」と一蹴されました。。

友達映画に対する事前の知識なしで行ったのがよかったようで、映画に感情移入しまくりで3時間見入っていたようでした。

あんまり何も考えずにその映画の世界を楽しめる方にはオススメです。
ちなみに友達はトワイライト〜初恋〜もヨカッタと絶賛していました。


こんな感じで、映画を見るかの参考にしてくださいませ。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)
→1月9日現在 10点中「8.7点」です。

映画「アバター」公式サイト
→音が出ます。公開中は、お近くの劇場探しもできます。

ジェームズ・キャメロン監督の他の映画はこちらです。
ターミネーター
エイリアン2
アビス

posted by Eri at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。