2009年03月02日

Mamma Mia! (マンマ・ミーア)

ABBAのヒット曲、22曲が使われている言わずと知れたミュージカルの映画化です。

知っていましたか?
ABBAの曲はこのミュージカルのために書き下ろされたものではないんですよ。既存の曲を使ってストーリーに仕立てあげられていて、こういうタイプのミュージカルをジュークボックス・ミュージカルっていうんですって。

ストーリー:
ギリシャの海やきれいな景色を見下ろす(おんぼろ)ホテルが舞台。ここを営むお母さん・ドナ(メリル・ストリープ)と、その娘ソフィ(アマンダ・セイフリード)の親子が主人公。ソフィは父を知らずに育ってきたが、ある日ドナの若かりし頃の日記を見つけ、そこに父親の情報が書かれていた!が、なんとドナは同時期に3人もの人と付き合っていて、誰が父なのかがわからない。そこでソフィは自分の結婚式に、父の可能性を秘めた3人の男性を招待することにしたのでした。しかも母ドナの名前で・・・。さて、父親は一体だれなのか?

あらかじめ言いますと、私はミュージカル映画は好きではありません。舞台で見るなら純粋に歌と踊りを楽しめるのだけど、映画になっているとどうもストーリーに重きをおいてしまって話が進まないとイライラするからです。

けど、ABBAは好きです☆ABBAの曲が好きならみんな楽しめる映画です♪誰もが聞いたことがある歌「ダンシング・クイーン」をはじめ「チキチータ」「SOS」などなど、22曲もABBAづくし!映画を見ながら体が動きそうになります♪

ストーリーはコメディで、これはこれで楽しめます。ソフィの父親候補たちを演じるのは、ピアース・ブロスナン(007)・コリン・ファース(ブリジット・ジョーンズの日記)・ステラン・スカープゴード(パイレーツ・オブ・カリビアン)の3人。彼らそれぞれの個性も光っています。アイルランド人・イギリス人・スウェーデン人と異なる出身地なのも面白いですね。これもまた母ドナが若かったころの奔放ぶりをうかがわせているのではないでしょうか?

娘ソフィは最愛の人との結婚を間近に、父親探しの夢を果たせるのかと、ドキドキの結婚式を迎えます。

母ドナは、娘の結婚式前日になぜか3人そろって集まった、昔のボーイフレンドたちを前に忘れていた恋心を思い出し、娘のことを思って胸を痛め・・。

2人のストーリーが絡み合い、観客側の老いも若きも楽しめるストーリーになっています。

ABBA好きの方、ミュージカル好きの方は、ぜひどうぞ☆

☆の数は…★★★☆
(5点満点、★=1、☆=0.5)

日本語公式サイト

IMDb(映画データベースサイト・英語)


posted by Eri at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。