2011年06月19日

さや侍(Saya-Zamurai)


松本人志監督3作目の作品です。

ストーリー:
剣を捨てた男は娘と2人で脱藩し、逃げるも捕らえられてしまいます。通常だと即座に切腹のところ、藩の殿様は変わり者。30日の猶予を与え、30日の業を与えます。見事に業を成し遂げれば切腹は免れることができます。

予告編:


感想:
思いのほか楽しみました。冒頭はどうなることかと思ってハラハラしましたが、最終的には面白かったです。
シュールです。まっちゃんワールドの笑いがあります。私はシュールなものが大好きなので、この作品も楽しみました。

会場内から笑いが起こっていました。私も思わず笑いがこぼれるシーンも少なくありません。けど、コメディのようでドラマです。

一見バカバカしいことを主人公は一生懸命に行っている姿に感動すら覚えてきます。確かにこれは演技を越えていると思いました。野見さんだからできたんだと思います。

最後は感動です。そして、観終わってからじわじわと感じるものがあります。

前2作品を観ていませんが、より観たくなりました。

気になっている方はどうぞ観てみてください。

☆の数は…★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

「さや侍公式サイト」


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。