2010年01月10日

AVATAR (アバター)

 タイタニックの監督ジェームズ・キャメロンの最新作、アバターを映画館で見てきました。

ストーリー:
海兵隊員だった主人公は任務中に銃に撃たれて両足の感覚を失います。
人生の目的を失いかけているところに、急きょ新たな任務を負います。

法外な価値のある宝石の岩石発掘のために惑星パンドラに行くこと。その石は現地人ナヴィが住む森の中枢にあるため、ナヴィが邪魔なわけです。そこで非協力的な現地人ナヴィと交流し、いかにして岩石採掘に取り掛かれるかを探る任務が課せられました。

そのために開発されたナヴィと地球人のDNAから作られた体アバターとリンクして、アバターの姿で行動することになります。そうして、ナヴィが住む森と入り込み交流をしていくことになりました。


感想:
映像美はメディアで伝えられるそのまま素晴らしいものでした。ナヴィが住む森はきれいだし。光の使われ方もきれいでした。

3時間という長さは感じられない程度には楽しみました。
けど、事前にパンフレットで大まかなストーリーを読んでしまっていたせいで、あまり物語に感情移入することはできず冷静に見てしまってました。

なんとなく話の展開がもののけ姫みたいだなぁと思ってました。


一緒に行った友達は大絶賛。映画館では短い映画でも必ず一度はトイレに席を立つ友達が目を離すヒマがないほどだ、とはまっていました。

私の「もののけ姫だなぁ」の感想に対しては「そおかな?」と一蹴されました。。

友達映画に対する事前の知識なしで行ったのがよかったようで、映画に感情移入しまくりで3時間見入っていたようでした。

あんまり何も考えずにその映画の世界を楽しめる方にはオススメです。
ちなみに友達はトワイライト〜初恋〜もヨカッタと絶賛していました。


こんな感じで、映画を見るかの参考にしてくださいませ。

☆の数は…★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)
→1月9日現在 10点中「8.7点」です。

映画「アバター」公式サイト
→音が出ます。公開中は、お近くの劇場探しもできます。

ジェームズ・キャメロン監督の他の映画はこちらです。
ターミネーター
エイリアン2
アビス

posted by Eri at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

UP (カールじいさんの空飛ぶ家)

元旦から映画を見てまいりました。

実は我が家では恒例になりつつあるのですが、本日見た映画「カールじいさんの空飛ぶ家」は新年を飾るにとても素敵な映画でした。

少年少女時代から人生を共にしてきた愛妻エリーを失ったカールじいさん。悲しみの底の中、エリーと過ごしてきた日々のすべてが詰まった"家"の立ち退きと老人ホームに送還されるという危機に遭います。

そこでカールじいさんがとった行動とは。
家のありったけの風船をつけて家ごと空に舞い上がりました。

エリーとの約束を果たすため、伝説の滝「パラダイスの滝」への冒険の旅に出たのでした。


カールじいさんの前にボーイスカウトとして頑張っている少年や様々な物事が現れます。悲しみのために心を閉ざし、生きる糧を失っているカールじいさんの心が少しずつ溶かされていく様子。カールじいさんのエリーへの愛。

とっても感動してしまいました。平気で見ている友人をよそにけっこう泣いてしまいました。。"想い出の品"とかそういう類のものに弱いんです。

まだ見ていない方には、ぜひ劇場へ足を運んでいただくことをオススメします。全ての方にお勧めいたします。

吹替え版でも抵抗ないという方は3D上映をしているところもあるのでオススメします。

私はどうにも吹替え版になじめたいので、3D見たい気持ちを押さえて字幕版を見ました。英語を勉強している身としてもオリジナルの声・台詞が聴きたくなるんです。


☆の数は…★★★★★
(5点満点、★=1、☆=0.5)

IMDb(毎月世界から5,700万人以上が訪れる映画データベースサイト)

カールじいさんの空飛ぶ家オフィシャルサイト
音が出るので気をつけてください。

モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」のDisney PIXERの映画です。実は人間が主人公というのは初めてなのだそうです。
posted by Eri at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年がんばります

ご無沙汰してしまいました。

あけましておめでとうございます。

昨年はずっと仕事に明け暮れる日々が続き、その時間がプライベートタイムにまで侵入していて、ブログのUPが滞っていました。申し訳ないです。

更新はしていなかったけど、映画鑑賞も読書もDVD鑑賞もしています。

今から描くと思い出しながらの感想になり、見た直後の気持ちをそのまま残せないのが残念です。

今年は仕事はほどほどに頑張ることにして、こうした自分の趣味の記録残しも励みたいと思っています。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、つい10日くらい前からTwitterを始めました。こちらは携帯電話からも使えて文章が短いので気軽につぶやいています。自分が気になった情報をポツポツ残していますので、よろしければこちらもチェックください。ちなみに、カナダ滞在記や英語のことを書いている姉妹ブログとも連動しています。

こちらの映画ブログの目標としては、できるだけ新鮮な感想を書き残すことです。映画も昨年よりももっとたくさん見たいです。

昨年後半に見ていた映画・DVD感想も少しずつ書いていきますので、気を長くしてお付き合いくださいませ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!
posted by Eri at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。